日本図学会 > 規定 > 論文賞表彰規定

論文賞表彰規定

『論文賞』表彰規定

第1条 論文賞は『図学研究』に掲載された研究論文,研究資料,教育資料から優秀なものを表彰することを目的とする.
第2条 論文賞の対象は原則として1編とする.
第3条 論文賞はその著者に贈呈する.
第4条 論文賞の受賞資格は会員とする.
第5条 論文賞として賞状および盾を授与する.
第6条 論文賞の選定は1年ごととする.
第7条 論文賞の選定は選定委員会が行う.
第8条 選定委員会は編集委員長が選定委員長となり,編集理事および編集委員4名で構成する.
第9条 選定委員会は選定結果を理事会に報告し,理事会の議を経て決定する.

『論文賞』表彰規定施行規則

  1. 論文賞は,表彰年の前年に刊行された『図学研究』に掲載された研究論文,研究資料,教育資料を対象とする.
  2. 選定委員会は選考対象となる研究論文,研究資料,教育資料のリストを作成し,編集理事・編集委員に配布する.
  3. 編集理事・編集委員は順位をつけて論文賞に値する候補(3件まで)を選定委員会に推薦する.
  4. 選定委員会は推薦結果をもとに授賞対象を選定する.
  5. 選定委員会は図学会総会で授賞報告を行う.
  6. 選定委員会メンバーは理事選挙と相まって変更されるものとし,再任はこれを妨げない.ただし,再々任はできないものとする.
  7. 表彰対象者が図学会会員でない場合は,図学会会員になることによって表彰を受けることができるものとする.
付則:改定の移行措置として,2019年の論文賞選定にあたっては,2018年刊行の『図学研究』に掲載され,旧規定では教育論文賞の対象となるものすべても,選考対象に含めるものとする.

2005年5月13日制定
2019年9月27日改定