日本図学会 > 大会 > 2021年度大会

2021年度大会

併催:デジタルモデリングコンテスト,図学教育研究会

2021年度日本図学会大会をオンラインにて開催いたします.皆様からの多数の研究発表を心よりお待ちしております.ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます.

1.開催日

2021年11月21日(日)

2.講演発表

2.1 募集分野
図学論/設計論/造形論/平面幾何学/空間幾何学/応用幾何学/形態構成/CG/形状処理/画像処理/CAD・CADD/図学教育/設計・製図教育/造形教育/教育評価/空間認識/図学史

2.2 講演論文投稿日程
講演発表申込締切:
2021年9月21日(火) 正午必着(申込みは終了しました)
講演発表原稿締切:
2021年10月12日(火) 正午必着

2.3 発表申込方法
送付先: conf2021[at]graphicscience.jp([at]はアットマーク)
・申込受領後、1週間以内に受領通知とともに執筆要領を電子メールにてお送りいたします.
・お申し込みから1週間以内に受領通知が届かない場合は、日本図学会事務局までご連絡ください.

申込内容:
・E-mailアドレス
・表題
・著者(著者全員とその所属)
・概要(200字程度)
・分類
(図学論/設計論/造形論/平面幾何学/空間幾何学/応用幾何学/形態構成/CG/形状処理/画像処理/CAD・CADD/図学教育/設計・製図教育/造形教育/教育評価/空間認識/図学史)※←いずれか一つを選んでください
・発表者(講演者)
・発表者が大会開催時1日目に35歳以下で(ある,ない)
・連絡担当者の氏名,所属,電話/FAX

講演発表申込料:1,000円(後日事務局から送られます振替用紙にてご納入ください)

2.4  講演発表時間
例年通り発表時間は,質疑応答を含め約20分とします.講演発表件数によって若干の増減があります.オンラインによる発表の具体的な方法につきましては,プログラム編成後にお知らせします.

2.5 講演論文
講演論文(図学教育研究会を含む)およびデジタルモデリングコンテストの作品解説は,「日本図学会学術講演論文集/2021年度大会(オンライン)」に掲載されます.

2.6 優秀研究発表賞・研究奨励賞
発表者を対象に,優れた研究発表をされた方を選考し,優秀研究発表賞として後日表彰します.また,35歳以下の若手研究者を対象に(過去に受賞された方を除く),優れた研究発表をされた方を選考し,研究奨励賞として後日表彰します.

3.デジタルモデリングコンテスト

第13回デジタルモデリングコンテストの案内は,図学会WEBページのデジタルモデリングコンテスト(https://www.graphicscience.jp/contest/21_list_detail.html)をご参照ください.(現在準備中です.準備でき次第,公開します).

4.図学教育研究会

「図学関連教育のオンライン/オンデマンド開講」に関するオーガナイズドセッションとして企画します.詳細は図学教育研究会(https://www.graphicscience.jp/kenkyu/list.html)のページをご参照ください.

5.オンライン懇親会

日時:2021年11月21日(日)発表終了後

6.連絡先

2021年度日本図学会大会実行委員会([at]はアットマーク)
conf2021[at]graphicscience.jp

7.体制

実行委員会
委員長: 山畑信博(東北芸術工科大学)
委 員: 宮腰直幸(八戸工業大学)
松田浩一(岩手県立大学)
川守田礼子(八戸工業大学)
西井美佐子(女子美術大学,デジタルモデリングコンテスト担当)

プログラム委員会
委員長: 森岡陽介(近畿大学)
委 員: 辻井麻衣子(西日本工業大学)
茂木龍太(東京都立大学)
松田浩一(岩手県立大学、デジタルモデリングコンテスト担当)
竹之内和樹(九州大学,図学教育研究会担当)