日本図学会 > デジタルモデリング研究会 > 第3回 デジタルモデリング研究会
テーマ「デジタルファブリケーションの制作環境を利用したものづくり教育」

第3回 デジタルモデリング研究会
テーマ「デジタルファブリケーションの制作環境を利用したものづくり教育」

第3回デジタルモデリング研究会を2016年度図学会秋季大会(首都大学東京南大沢キャンパス)の会場にて開催いたします.
今回は『デジタルファブリケーションの制作環境を利用したものづくり教育』に着目します.
大学や研究室では,ファブラボ(3D CAD,3Dプリンタ,レーザ加工機,NC加工機等のデジタル工作機器)が整備され始めており,それらの環境を活用した教育や試みが行われております.
そこで今回の研究会では,ファブラボ環境を取り入れながら,時代を踏まえたものづくり教育や試みを長年にわたり取り組んでこられた研究者,公設試験研究機関の技術者にご講演頂きます.
「ツールに依りながらも,かたちを捉えて,意図をかたちで健在化していくことの教育」という視点で講演者にそれらの事例から考察して頂き,不足している必要な学びについて提起いただきます.
プログラム最後にディスカッションの時間も設けて意見交換を行いたいと考えております.
多数のご参加をお願い申し上げます.
 

開催日時

2016年11 月 27 日(日) 13:00〜16:00
 

場所

首都大学東京南大沢キャンパス
東京都八王子市南大沢1-1
 

プログラム

講演1
筑波技術大学CAD/CAM室における工学教育へのCADとモデリング利用の実践
荒木 勉
筑波技術大学
 
講演2
機能形状のモデリングと3D入出力環境を利用したモデリング演習
竹之内 和樹
九州大学芸術工学研究院 コンテンツ・クリエーティブデザイン部門
 
講演3
3Dプリンタ活用の現状と新たに生まれた問題
埼玉県産業技術総合センター
町田芳明,南部洋平

ADMC2017 作品応募 案内
ADMC2017実行委員会

参加費

無料

申し込み方法

メールにて「お名前とご所属」を宛先へお知らせください.
 
件名:11/27開催 第3回デジタルモデリング研究会参加申し込み
 
当日受付も可能ですが資料の準備がございますので,事前にお知らせ頂けますと幸いです.